審美歯科とは

「歯の形」や「色をよくする」など、美容的な美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療の事を、「審美歯科」と呼びます。
人とのコミュニケーションがとても大切な現代社会において「美しい口もと」「素敵な笑顔」は相手に好印象を与え、円滑な人間関係を築く手助けになります。
審美歯科は美しく見えることはもちろん、「よく噛める」「よく話せる」といった機能が正しくなることによって、お口の健康や心身の健康を増進し、本当の意味の「美しさ」を長く保っていくことを目的にしています。

審美歯科治療の種類

  審美歯科治療は、個人に合わせた歯の色、形、歯並びなど顔と口もとのバランスを整えます。大きくは次のようなものがあります。

1.歯を白くしたい
⇒薬剤を使って歯を白くするホワイトニング。

2.歯の形を奇麗にしたい
⇒歯の一部、または全部を人口材料で被せる。

3.歯並びを奇麗にしたい。
⇒歯並びと咬み合わせを良くする矯正治療。

審美歯科は「保険外診療」

  保険診療とは健康保険法によって定められた診療で、材料、方法、診療報酬が事細かに決められています。ごく一部の例外を除き、すべての治療は保険診療で行うことができますが、保険診療は、「悪くなってしまった歯を日常生活に支障ないレベルへ回復する」ことを目的としているため、「より快適にする」「より奇麗にする」「将来悪くならないように予防する」といった目的には保険診療を適用することが出来ません。
たとえば、審美性(見た目)、快適性(使い勝手)被せ物の適合性(精度)、耐久性、矯正など生活の質をあげるような高い要求には応えられず、この制限の枠を超えた診療は「保険外診療(自由診療)」で行うことになります。
審美歯科は美しい自然な歯の仕上がりを目的としているため、保険での診療が認められていないのです。

健康保険範囲外治療

メリット
1:身体への影響
    セラミックは身体にやさしく、金属アレルギーの方にも使用できる。
2:自然な仕上がり
    光があたっても、自然な透過性があり、またいつまでも変色しません。
3:自然な使用感
    適度な硬度のため、咬み心地もやさしく安心。
4:二次的虫歯の予防
    ゴールド修復などは、金がアレルギーを起こしにくい金属で、抜群の適合性を有するため、二次的虫歯を発生しにくいため、長持ちします。
5:強度
    金は腐食に強く、適度な弾力と硬さがあるため、歯を支える組織に過度な負担をかけないなど多くの利点があり、奥歯などには最適な材料の一つです。

デメリット
セラミック、金とも保険適用外になり料金負担が比較的大きい。
 

歯の形をきれいにしたい~さし歯、かぶせ物

インレー
歯の一部を詰める方法です。
プレスセラミックインレー法は、虫歯を削って人口材料を詰め、きれいにする方法です。
金属と違い、歯の色を自由に調色できますので、天然歯と同じような自然な感じがします。
その他に、ハイブリッドインレーといい、セラミックより安価な方法もあります。

 

メタルボンドクラウン、ブリッジ

歯の表面を削り、内面金属にセラミックを築盛したもので、歯の形態、色調、機能を再現するもので、適応範囲の広い治療法です。最も一般的な方法で、実績もあり信頼出来る方法と言えます。

 

オールセラミック(アルミナ、ジルコニア)

金属部分をジルコニアや、アルミナに置き換えて、セラミックを築盛したもので、審美的に優れていますが、欠点は、メタルボンドより歯質削除量が多くなります。

生体親和性が高く、ほとんど変色しません。

 

プレスセラミック(イーマックス e.max)

天然歯の色調に近く、口腔内で科学的に安定しており耐摩耗性に優れています。

生体親和性が高く、ほとんど変色しません。

欠点は、メタルボンドより歯質削除量が大きく、全周にショルダー幅が必要になります。原則単冠の歯冠補綴に用いる。

また、強度から適応は小臼歯までが安全です。

E-max(イーマックス)・・イーマックスは、透明感があるため、歯質が変色しているなど下地を隠したい場合は、表面にセラミックを焼付して製作します。

フルジルコニアクラウン

すべてジルコニアという通常セラミックの4倍強度もある為、小臼歯、大臼歯が適応です。

ただ欠点は、色調が5段階しかありませんが、奥歯ではあまり目立ちません。

同じく、メタルボンドより歯質削除量が大きく、全周にショルダー幅が必要になります。

 

ジルコニアブリッジ・・パールのような輝きがありますが、口腔内に装着すると自然な感じになります。

ノンクラスプデンチュアー

クラスプ(針金)の見えない審美的な義歯で、弾力があり吸着が良いようです。

材質の違いにより、エステショット、バルブプラスト、ルシトーンなどがあります。

自由診療料金表

皆様の負担が重くなりませぬよう適正価格にて設定しております。


 <主な自由料金>

ホームホワイトニング(六前歯) ・・8.000円
オフイスホワイトニング(六前歯)・・8.000円
メタルボンド(前歯部、臼歯部)
・・内面は金属、外面はセラミックで覆われた白い歯で、最も一般的に選択されます。
・・50.000円

ジルコニアボンド(前歯部、臼歯部)
・・金属をジルコニアに置き換え、セラミックを築盛したもので透明感があり美しいが、歯質の削除量が多く必要です。またメタルボンドと比較して強度は劣ります。
・・65.000円

ハイブリッドセラミックインレー

・・樹脂にセラミックを混ぜたインレー

・・15.000円 イーマックスセラミックインレー
・・これまでのセラミックインレーに比較して
曲げ強度(咬む力に抵抗する強度)が約3倍あります。
インレー材料として審美的に優れています。
 ・・25.000円

イーマックスセラミッククラウン(前歯部)・・イーマックスの表面にセラミックを焼付けしたもので、透明感があります。

焼付しないマルチタイプもあります。
 ・・50.000円
フルジルコニアクラウン(臼歯部)
・・ホワイトメタルとも言われ、イーマックスの4倍程の金属並み強度があり、大臼歯に相性がいいです。
   40.000円

パールクラウン(臼歯部)

・・単冠用ジルコニアクラウン

・・30.000円

ゴールドクラウン

・・生体にとって最も優しい材料と言われています。
・・50.000円~
ゴールドインレー
・・20.000円~

ファイバーポストコア・・歯の土台に使われます

   10.000円

    
ノンクラスプデンチァー(エステショット、バルプラスト)
クラスプの見えない審美的な義歯

150.000円