【お知らせ】

定期的にリコールハガキをお送りしております。

  定期検診のすすめ
健康な歯を保つための「定期検診」はとても大切です。
健康な歯の状態でも、数ヶ月に一度は歯や歯ぐきの状態をチェックし、異常があればすぐに対処しましょう。
また、歯の治療が終わり「治った!」と思っていても、歯はその後も使われ続け、状態は日々変化しています。
偏った食生活や、間違ったブラッシング方法などにより、再び悪くなってしまうこともあります。
ですから、治療が終了してから受ける定期検診はとても重要といえるでしょう。

定期検診の目的
定期検診の目的の一つとして「予防」があります。
予防は下記の3つに分けられます。
発生予防・・丈夫な歯や歯周組織をつくる
発病予防・・早期発見、早期治療
疾病の進行予防・・病気の進行・悪化状態を経過観察や維持管理する
*一般的な定期検診で行われている主なものは、2次予防予防の「発病予防」と3次予防の「疾病進行予防」です。
*最近では「メンテナンス」といわれ、治療の一環と考えられています。方法としては「プラークコントロール」があります。
*プラークコントロールには「ブラッシング指導」と「食事指導」があります。

定期検診で行うこと
口の中は自分ではなかなか見えづらく、鏡で見たとしてもごくわずかなところしか見えません。
自己チェックには限界があり、早期発見のためにも、歯科医院で定期的に検診を受けることがとても大切なのです。
具体的には・・
歯についた歯石の除去、フッ素塗布によるむし歯予防、虫歯や歯周病がないかを検査、治療、
歯みがきで不十分なところを指摘しブラッシング指導、生活習慣指導
など。
 

定期検診の効果
*歯はむし歯になれば元に戻ることはありません。
また、義歯や冠などの人工物は時間とともに古くなっていきます。
*むし歯の早期発見、早期治療は肉体的、時間的、金銭的な負担を軽くします。
*定期検診をすることにより、むし歯の早期発見と早期治療ができます。
*歯石や歯垢を取ることにより、歯がきれいになり爽快な気分になります。
*定期検診で維持管理を行った場合では歯周病などの治療を受けなかった場合と比較し失った歯の数は減少します。定期検診を受けることは、その後の治療の成功に繋がるといえるでしょう。

定期検診の流れ
①問診・・日頃気になっていることを詳しく伝えましょう。具体的な症状があれば検査にも役立ちます。
②口の中をチェック・・むし歯になりやすい場所や歯肉の状態などを重点的にチェックします。
③口腔内カメラやレントゲンでさらに詳しく・・小さな虫歯など肉眼では見えにくい部分も隅々まで状態がわかります。
④診断・・歯科医が診断の結果を説明してくれます。